Q.売却か賃貸に出すか迷っています。どちらの方が良いですか?

A.マンションの場合、将来的に再度居住する(又は親族が居住するなど)可能性がある場合は賃貸に出し、そのまま保有されることをお勧めしますが、戻ってくるご予定が無い場合は売却をお勧めすることが一般的です。

賃貸に出した場合の空室リスクや、固定資産税や修繕積立金等を総合的に判断をすると、利益が出ない可能性があります。また築年数が経つと現在の査定金額よりも売却金額が下がることもあります。

売却するのか賃貸に出すかは、ご事情や物件によってもどちらが良いのか変わる可能性があるので、ご相談ください。

Q.急いで売りたいときはどうしたらいいですか?

A.ご事情により早期処分をご希望の方や、ご所有の不動産がなかなか売れない方、周囲の方に知られずに売却したい方には不動産会社の「買取りサービス」を利用することをおすすめします。

不動産会社、または専門の買取り業者が買主となりますので、「仲介」のように買主が見つかるまで売れない、ということがなく、早く確実に売ることが可能です。
ただし、「仲介」と比較すると売却価格が低くなる傾向にありますので、メリットとデメリットをよく理解しましょう。

メリット

  • 不動産会社が買主となりますので、確実かつスピーディに売却が可能です。
  • 広告なしでの売却が可能なので秘密が守れます。

 

デメリット

  • 一般の仲介と比較して売却価格が低くなる傾向にあります。

Q.近所に知られたくないのですが、広告を行なわないで売却は可能ですか?

A.可能です。インターネット掲載や、近隣へのチラシ等の配布を控えて売却活動を行います。不動産会社が所有する顧客情報の中から、買主候補をリストアップしてもらい、その候補に対して個別に販売活動を行ったり、不動産会社によってはインターネットの購入希望会員のみにメール配信で物件を紹介してもらう方法もあります。
あるいは、不動産業者に買取をしてもらうという方法もあります。

Q.建物は古いのですが、中古一戸建てとして売ることはできますか?

A.中古住宅として売ることも、土地として売ることも可能ですが、両方同時に広告をすることはできません。建物が古くても中古住宅として購入を検討される方もたくさんいらっしゃいますので、ご要望に合わせて販売活動をすることは可能です。

Q.夫婦で共有名義になっています。特別な手続きが必要ですか?

A.契約書の締結や登記手続に必要な書類の調印などは、原則として本人が行う必要があります。そのため、実印や印鑑証明書などをそれぞれ用意する必要があります。

Q.銀行ローンの紹介などはしてもらえますか?

A.当社営業マンが、お客様のご要望に合う銀行をご紹介させていただきます。
個人で各銀行に相談に行くより、取り引きしているローンセンターの担当者と、当社の担当者が話をした方が早く、いろいろと融通も利きやすいところです。

Q.土・日しか休みがないのですが、土・日にローンの申し込みは出来ますか?

A.一概には言えませんがほとんどの銀行は土日が休みなので受付してません。
ただ中には土日も営業しているローンセンターも実在しますが、希望する銀行かどうかの問題もあります。
どうしても平日動きがとりにくく、取引銀行が土日休みの場合、私たちがお客様に代わってやりとりをすることもあります。
必要書類や用紙の記入以外、最終契約などはご本人様自身にしていただきます。

Q.いくら位の物件が購入できるかわからない。相談に乗ってもらえますか?

A.毎月のご返済額やご収入、また、ご家族構成、ライフプランなどお客様に合ったご予算をご提案致します。一言で住宅ローンといっても様々な商品があります。変動金利、固定金利、フラット 35… などがございます。お客様とのお話の中で、一番あった商品をご提案致します。