不動産売却の基本的な流れ

不動産を売ることは、買うことより難しいと言われます。

その理由の一つが、不動産売却を経験したことがある人が少ないということ。
周りに不動産売却の経験者がいないと、アドバイスをもらえず、よくわからないまま販売活動を進めなければいけません。

そこで、今回は不動産売却の基本的な流れを解説いたします。
まず全体像を把握して、今ご自身がどのステージにて、次に何をすればいいかの整理をしていただければと存じます。

(1)不動産売却の事情が発生
お住み替えやご相続など、売主様によって様々です。

(2)ご家族内で不動産売却がいいのか意見をまとめる
最初の段階でしっかり意見をまとめておかないと、後々トラブルを招きます。
売却することが全てでないケースもあります。
賃貸や持ち続けるなど、広く選択肢を出して意見をまとめましょう。

(3)売却価格を確認
ご自身でもある程度相場を確認することもできますが、不動産会社に査定をしてもらうことが一般的です。
不動産会社に査定を依頼する方法は、直接お問合せをする、一括査定を行う、などございます。
いずれの方法でも1社だけでなく、複数社話しを聞きましょう。

(4)依頼先の不動産会社を決める
上記(3)の過程で、どの不動産会社に任せるかも見定めましょう。
不動産会社は千差万別ですが、ポイントは「信頼できるかどうか」です。

(5)媒介契約の種類を決める
媒介契約は専属専任媒介、専任媒介、一般媒介の3種類がございます。
一長一短のため、ご自身の趣向に合わせて決めていただければと存じます。

(6)販売活動スタート
不動産会社が、販売用の図面やチラシの作成、ポータルサイトへの出稿を行い、販売活動がスタートします。

(7)内覧発生
売主様の不動産に興味のある買主様が不動産会社に問い合わせを入れます。
日時の調整を行い内覧をしてもらいます。

(7)-2 価格変更
写真の入れ替えや、チラシ作り直しなどの試行錯誤をしても内覧が全く入らない場合、価格が高すぎる可能性があります。
その場合、価格を見直す必要があります。

(8)購入申し込み
買主様から購入申し込みの意思を書面でいただきます。
多くの場合価格交渉が入りますので、ご納得できなければ売主様側から価格の再提示を行います。
また、お引渡しの時期、手付金の金額などの諸条件もこのタイミングである程度確定させます。

(9)売買契約
交渉の折り合いがつけば、晴れて売買契約です。
ここでのポイントは、できるだけ早く契約を行うこと。
買主様は大金をお支払するので、どうしても気持ちがブレがちです。
あまり先延ばししないようにしましょう。

(10)銀行へ報告※住宅ローンがある場合
売主様にまだ住宅ローンが残っている場合、一括返済の手続きをしなければいけません。
手続きは通常2週間前後かかるため、お引渡し日が確定してからできるだけ早く手続きを開始しましょう。

(11)引っ越しの準備
お住いのままのご売却の場合は、お引越しが必要です。
お引渡し日までに滞り無く終わるよう、できるだけ早く手続きを行いましょう。
なお、不動産の権利証などの重要書類が荷物に紛れ込まないよう注意してください。

(12)決済・お引渡し
買主様から売買契約から手付金を引いた残金を受け取り、売主様からはカギや書類などをお渡し、所有権の移転も行います。
これで売却完了となります。

簡単ではありますが、以上が不動産売却の基本的な流れです。
(3)から(場合によっては(2)から)のステップでは全て我々不動産会社がサポートするため、難しいことはありませんが、流れを理解しておくとご不安も無くなるかと思います。

細かい部分は売主様毎に異なるため、「自分の場合どうなるの?」と気になる方はお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

囲い込みとは?

次の記事

不動産価格の決まり方