レインズとは何か?

「レインズ」という言葉を聞いたことはありますか?

不動産売却をお考えの際は、聞いたことあるかもしれません。
端的にいうと、不動産会社しか見れないプロ向けの物件情報ポータルサイトです。
今回は、レインズの果たす役割をご理解いただき、不動産売買の仕組みを知っていただければと存じます。

レインズとは「Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」の略称です。
全国の不動産会社が利用可能です。
不動産会社は売主様から売却の依頼を受けると、この「レインズ」に登録する義務が発生します(登録しなくてもいい契約形態もあります)。

ではレインズはどんな役割を果たしているのでしょうか?
レインズの役割は大きく2つあります。

(1)情報の拡散
レインズに登録された物件は、全ての不動産会社が取り扱い可能です。
つまり、売却依頼を受けていない不動産以外でも、自社の顧客へ紹介が可能なのです。

レインズができる前は、売主様の不動産は依頼している不動産会社しか取り扱いができませんでした。
ただ、それだと情報の広がりが限定的で、その不動産会社に問い合わせを入れた買主にしか情報が伝わらないため、売れ行きがその不動産会社の頑張りに依存してしまっていました。
レインズができてからは、売主様はどの不動産会社に依頼しても全国すべての不動産会社に情報がいきわたるため、迅速に買主様を見つけることができるようになりました。

(2)成約情報の蓄積
売買契約が成立した不動産はレインズに成約事例として蓄積され、全ての不動産会社が閲覧可能です。
不動産の価格の多くは「取引事例法」によって求められます。
取引事例法とは過去の対象不動産と類似した不動産の成約事例を基に、価格を求める方法です。
この成約事例を蓄積することで、不動産会社が次の取引を適切に行えるようになり、査定価格の根拠にもなるのです。

以上が、レインズが果たす役割です。

細かい部分も多々ありますが、主に「不動産取引を適切に活発化させること」が主な役割となります。
このレインズが出来たことにより、売主様はどの不動産会社に依頼をしても、適切に買主様に情報を届けることができるようになりました。

ただ、実際にレインズに登録しない不動産会社がいたり、登録しても他の不動産会社が取り扱えないようにブロックしたりと問題はあります(もちろん違法です)。
その為、依頼先の不動産会社を信頼できるかどうか見極めることが成功する売却の為に必要です。
ご相談いただければ、どのように見極めればいいかアドバイス差し上げることも可能です。
是非お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

媒介契約とは?