買取の場合のメリットデメリット

不動産の売却を検討すると、「買取」という言葉をよく耳にすると思います。
では買取とは何でしょう?

読んで字のごとく、「不動産会社に買い取ってもらうこと」です。
車やブランド品の売却では買取は一般的ですが、不動産の場合は少し注意が必要です。
今回は、その「買取」のメリット・デメリットをお伝えさせていただきます。

買取のメリット
・売却日をコントロールできる
不動産売却の多くは一般個人に向けて販売を行うため、買い手の都合も考慮しなければいけません。
ご売却事情によっては、いい条件でも期日が合わなくて、泣く泣く価格を下げなければいけないということも。
買取を行う不動産会社は「業」として行っているので、基本的にはこちらの意向に沿ってくれるため、売却日をコントロールできるのです。

・室内状況が関係ない
不動産会社は不動産のプロです。
個人の買い手の場合はその時の室内の印象次第で買うか買わないかを判断しますが、不動産会社の場合仮に室内がどれだけボロボロでもその部屋の本当の価値を基に買い取ってくれます。

・安全に売却ができる
不動産は目に見えない部分が多くあります。
その為、個人との取引の場合は契約後トラブルが起こることもあります。
買取の場合、買主はプロの不動産会社の為、ある程度のリスク管理ができています。
その為、予め売主様にとって不利になる条件を無くして取引を行うこともできます。

買取のデメリット
・個人への売却と比較して価格が安くなる可能性がある
買取の唯一のデメリットは個人への売却と比較して「価格」が安くなってしまうこと。
なぜなら不動産会社は買い取った不動産に付加価値を付けて販売して利益を得るからです。
その為、

販売想定価格 – 付加価値をつけるために掛かる費用 – 自社の利益 = 買取価格

と、なるため一般個人へ販売するときと比較して、価格が安くなりやすいのです。

ただ、必ず安くなるというわけではありません。
最近は不動産会社が付けた付加価値を正当に評価されるようになってきたため、販売想定価格が上がってきています。
その為、一般個人へ販売する場合と、同等・それ以上で取引ができるケースもございます。

全ての不動産がそうなるわけではございませんが、売却の際は「最悪いくらなら売れるか」を知ることも大切です。
必ず売却しなければいけないご事情の場合は、その金額で「目的を達せられるか」を知れるからです。
売却を開始する際は、一度「買取価格」を確認されるのをお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

レインズとは何か?